声優オーディションでの自己PRと内容について

声優オーディションでの自己PRでは、他人にはない独自のアピールをする必要があります。

内容的には個性を全面に打ちだすことです。

周りと同じ事をしても審査員の印象には残らないので単なる歌マネなどは避けるべきです。

声優のジャンルはライバルが多いので、いかに印象に残るかが勝負になります。

そのため歌を披露するなら、綺麗な発音で別言語で歌えたり、ミュージカル並みに歌って踊れたり、賞を取るくらいに上手いレベルでないと意味がありまません。

モノマネなら、モノマネ芸能人並みに上手である必要があります。

声優オーディションでの自己PRは、応募動機や志望動機と同じ事を自己PRしてはいけません。

審査員は既に書類に目を通しているので、自己PRでは実際に目の前でやらなければ伝わらないような良さを全面にアピールする必要があります。

また自己PRでは闇雲に特技を披露するのではなく、書類では伝わらないオーディション内容にあった特技をアピールすることです。

審査員に対して、この人を受からせたら何ができるのかをアピールすることが大事になってきます。

そのためには、自分には何ができて、どうしたら声優界で売れる人間になれるのかを自己分析する力が必要になります。

子役のオーディションの募集はどこでしているのか?

子役のオーディションの募集はどこでしているのかというと、大抵は芸能プロダクションで実施しています。

キッズオーディションは定期的に行われていて、全国的にキッズモデルオーディションは開催されています。

オーディションでは、感謝、挨拶、表現力、目の輝き、ポジティブシンキングなどが審査されます。

これらは芸能界で輝くために重要な項目となるからです。

最近ますます活躍の場を広げているのが子役タレントで、テレビドラマや映画、バラエティー番組などで活躍しています。

生き生きと仕事をしている子役タレントを見ると大人顔負けの感じがして、人気が出るに従って我が子も是非子役タレントにと親御さんが躍起となっています。

そうした現状にあって子役になりたいという子供がどんどん増えていて、子役のオーディションの競争率が非常に高くなっています。

そのため合格するには、子役タレントに必要なスキルをしっかり身につけなければなりません。

子役のオーディションでは芝居の仕事が中心になるので、子役に求められるのは確かな演技力です。

ただ、子役に求められるのは子供らしさであることを忘れてはいけません。

セリフをきちんと覚えられて感情を素直に外に出すことができなければ子役にはなれません。

エグザイルのオーディションは難易度が高い

エグザイルのオーディションは難易度が高いと言われています。

エグザイルのメンバー募集は、ボーカルだけが飛び抜けているだけでは合格しません。

やはりルックスもかなり求められます。

タカヒロの顔を見ればそれは一目瞭然です。

何と言ってもテレビタレントはルックスがモノを言います。

そのため、歌が上手くてもボーカルオーディションで落ちる人はよくいます。

顔が特別かっこよくて、しかも歌唱力は抜群でないとエグザイルのオーディションは受かりません。

特に歌のハスキーな人は評価されます。

後は外見ですが、エグザイルのオーディションは性格や中身も見られます。

ただオーディションでは見た目が8割なので、かっこよくない人は一時審査でも無理でしょう。

若くても見た目がよければもちろん選ばれる可能性は高いですが、あまり軽はずみな期待はしないほうがいいです。

エグザイルのオーディションは難易度が高く、パフォーマーたちが踊りやすい乗れる感じの声でないといけません。

そのため若くて選ばれるとしたら相当大人っぽくてカッコイイルックスと声の持ち主でないとダメでしょう。

エーチーム・オーディションの内容について

エーチーム・オーディションの内容は、非常に厳しいです。

エーチームグループには、エーチーム、エープラス、エーライツ、エーチームアカデミーなどが含まれています。

エーチームには伊藤英明が所属していて、エープラスにはDAIGOがいます。

エーチームグループのオーディションはエーライツに所属するので、所属しながらエーチームアカデミーに通わなければなりません。

所属できない人は、エーチームアカデミーに推薦で入学する必要があります。

エーチームグループは階級社会になっていて、仕事で結果を残した人がタレント欄に載ることができる仕組みになっています。

ただ、結果を残せばすぐにエーチームまでいけるわけではなく、エーライツに所属しながらオーディションを受けないといけません。

エーチームまで所属するには長い年月がかかるので容易ではありません。

お金もかかります。

エーチーム・オーディションを受ける場合、やはり志望動機や芸能界での夢が大切で、その上で披露できる特技などが求められます。

2次審査もあり、応募数もかなり多く、特に2次審査以降の審査は厳しくなります。


目次