神田昌典は日本を代表する経営コンサルタント

神田昌典とは、経営コンサルタントであり、作家としても活躍している人物です。

フューチャーマッピングの開発者でもあり、リード・フォー・アクションを主宰しています。

神田昌典は上智大学外国語学部を卒業していますが、大学3年のときに外交官試験に合格しています。

そのため4年次から外務省経済局に勤務しました。

その後、戦略コンサルティング会社、米国家電メーカーのワールプール社の日本代表として活動した後、経営コンサルタントとして独立します。

そして1998年には作家としてもデビューしていて、日本のトップマーケターにも選出されています。

神田昌典氏は、経営コンサルタントなのですが、作家としても活躍していて、小予算で優良顧客をつかむ方法というビジネス書は、累計200万部を突破しています。

他にも代表作に、全脳思考、ザ・マインドマップ、ストーリー思考などがあり、イメージやストーリーを使って売上を上げる方法は評価されています。

神田昌典は、ダイレクトマーケティングの第一人者であり、2007年には株式会社ALMACREATIONSを創設しています。

現在、コンサルティング、執筆、講演、講師活動など多忙な日々を送っています。

フォトリーディングとは

フォトリーディングとは、毎秒 1 ページを超えるスピードでページをめくりながら、まるで写真を撮るようにして本の情報を読み取るという速読術になります。

一度にページ全体を眺めるフォトフォーカスという特殊な手法を用いたもので、本の全体像を読み取っていきます。

フォトリーディングは、あらゆる読書を情報検索できる技術で、速く、深く、そして楽しみながら読書ができます。

簡単に言うと、ページをイメージとして脳に取り込む速読術であり、ページ全体を眺めるフォトフォーカスにより、特殊な目の使い方で本の全体像を把握します。

その後、文書の要点などの質問を自ら投げかけることで脳を活性化できます。

フォトリーディングを実践すると、速く読めるようになると共に、本の内容を的確に理解できるようになります。

情報処理能力がアップします。

フォトリーディングを習得すると、あらゆる文書類の読み取りが速くなるので、読解力が上がります。

多量の情報を短時間でインプットできるようになるので、新聞や難解な書籍を読むことに対してストレスがなくなります。

また、アウトプット能力も高まり、問題解決能力もアップします。

マインドマップとは

マインドマップとは、トニー・ブザンが提唱した思考と発想法の一つであり、簡単に言うと、頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのことを指します。

自分の考えを絵で整理する表現方法であり、脳の思考を開放する効果があります。

従来とは全く違う発想術であり、紙の上に表現したい概念をキーワードやイメージで中央に描きながら、放射状に連想するキーワードやイメージを繋げていきます。

マインドマップは、脳の自然な働きを表したものなので、視覚的手法を用いれば誰もが身につけることができます。

メリットは、学習能力を高めたり、考えを明らかにすることができるところで、特に生産性の向上を目的とした用途に貢献します。

中心にイメージを描いて次に主要テーマを枝のように放射状に広げていくのですが、絵や記号、立体化などを駆使することで記憶の再生の一助にもなります。

マインドマップを用いた記憶術は効果的で、上手に整理することができます。

記憶する容量を増やすことと効率よく覚えることを区別しながら、記憶量を増やす方法を提示してくれます。

人間の脳の意味記憶の構造によく適合しながら、その仕組みを最大限に生かすツールこそがマインドマップなので、情報を素早く整理して記憶できるのです。

ストーリー思考の感想

ストーリー思考は、フューチャーマッピングで隠れた才能が目覚めるという著書で、作者は神田昌典です。

この本は、フューチャーマッピングの書き方や多くの実例などが記されていて、印象深いのは問題に焦点を当てずに高い位置から問題を見つめていくところです。

一度問題から意識を切り離し、全く異なる観点からヒントを得るというのは面白く、別の観点から問題を見つめるというのは、なるほどと思わせるものがあります。

ストーリー思考は、1枚のチャートを描くことで未来に向けたストーリーで想像していき、夢を現実にするメソッドを解説しています。

現実だけにフォーカスするとありきたりの解決策しか思い浮かびせん。

それでは今の状態を根本から変えることはできないのですが、チャートを描くことで右脳を働かせることができ、左脳だけでは思いつかなかった視点で考えることができるのです。

それを教えてくれるのが、神田昌典のフューチャーマッピングという手法なのです。

手法自体は既に全脳思考で発表されていたものなのですが、ストーリー思考では、そのメソッドをさらに進化させています。


目次