アインシュタインってどんな人?

アインシュタインってどんな人かというと、彼は1879年、電気会社を経営するユダヤ人の家で産声を上げます。

アインシュタインは意外にも3歳ごろまでほとんど言葉を話すことができなかったと言います。

また、小学校に入学したアインシュタインは、嫌いな科目はまったく勉強しませんでした。

この辺が天才たるゆえんで、興味のあることだけにしか集中しませんでした。

授業では質問に答えなかったことから、学校では知能が遅れているのでは揶揄されたほどだったのです。

それは高校、大学に行っても変わらず、いわゆる暗記科目が嫌いでした。

しかしそんな彼が世界を震撼させるのです。

1905年、アインシュタインが26歳の時、特殊相対性理論、光量子仮説、ブラウン運動に関する論文を発表します。

そして28歳の時には固体の比熱の量子論、次いで37歳の時に一般相対性理論を発表します。

アインシュタインはかなりの努力家で、一般相対性理論の完成後、研究に打ち込みすぎて大病を患います。

アインシュタインはまさに20世紀を代表する天才で、努力の人だったのです。

人間としては常識にとらわれない自由人で、変人的な一面も持ち合わせていました。

宇宙そのものを神として信じていたのです。

相対性理論を分かりやすく解説します。

相対性理論とは、量子力学と並ぶ現代物理の基本的理論であり、アインシュタインにより記述されたものです。

物理学者のアインシュタインが考えた理論で、この理論には特殊相対論と一般相対論があり、特殊相対論は重力質量と慣性質量が同じという理論になります。

等速運動する慣性系の間での物理法則は互いに不変であることを示したもので、相対性原理と光速度不変の原理から導かれたものになります。

太陽や地球、月、そして人間自身など、この世にある全てのモノには重さがあり、そこには万有引力という目に見えない力があります。

万有引力とは一体何なのかということに答える理論が相対性理論であり、宇宙の基本的な理論体系を示したものになります。

相対性理論は、どんな時でも同じ法則が適用できる相対性の原理と光速度は常に一定であり、重力と加速度は区別がつかないことの二つを前提にしています。

それを元にして空間や時間などの性質を解明したものなのです。

端的に言うと、相対性理論は、絶対的な時間が単独で存在しているわけではないということを意味していて、時間は重力や速さの影響を受けるのです。

アインシュタインの名言についての感想

アインシュタインの名言についての感想は、彼の名言は今の時代も色あせることなく十分に通じるということです。

アインシュタインは、常に自問自答しながら自分の道を進むという形で自ら道を切り開いてきました。

そのためアインシュタインの言葉は現代でもかなり共感できるものがあり、今後も語り続けられていくことでしょう。

アインシュタインの名言が心に染み入るのは、彼が確かな魅力ある人物だったからに違いありません。

アインシュタインが残した名言を見てみると、間違いや失敗を犯したことのない人間は新しいことにチャレンジしていない。

学校で覚えたことや勉強したことは全て忘れた後でもそれでも残っているものこそが教育と言える。

知識には限界があるけど想像力は無限。

学べば学ぶほど自分がどれだけ無知であるかがわかる。

自分の無知に気付けば気付くほど学びたくなる。

私は頭が良いわけではなくただ人より長い時間問題と向き合ってきただけだ。

過去から学び今日のために生きて未来に対して希望を持つ。

大切なことは何も疑問を持たない状態に陥らないようにすることだ。

など、生きるヒントになる言葉が勇気づけてくれます。

アインシュタインの予言

アインシュタインの予言とはどのようなものかと言うと、彼は発言として300文字程度の言葉を残しています。

アインシュタインが予言したのは、近代日本の驚くべき発展であり、来たるべき世界政府の盟主は日本が担うことになるというものでした。

アインシュタインは日本にも何度か来日していて、彼はこよなく日本を愛していました。

そのことが彼の予言へと結びついたのです。

アインシュタインは、近代日本の発達ほど世界を驚かしたものはないと言います。

日本の驚異的な発展をもたらしたのは、この国の持つ他とは異なる物があったからと指摘します。

三千年の歴史がそれで、日本は一系の天皇をいただくことで今日の日本を築きあげたのです。

アインシュタインは、このような尊い日本の国が世界に一カ所位なくてはならないと考えていたのです。

世界の未来は進むだけ進むと、その果ては最後には戦いとなります。

日本はまさしく平和を求める世界的な盟主であり、世界の文化はアジアに始まってアジアに帰結するのです。

日本はアジアの最高峰であり、アインシュタインは、日本に立ち戻らねばならないと予言しているのです。


目次